高校生とてなむCM企画

高校生とてなむCM企画

地元高校生がCMプランナーに

第1弾「ンダモシタン小林」の公開から、約3ヶ月半。ついに、てなんど小林プロジェクトPRムービー第2弾が完成しました!
今回てなんだ(※)のは、なんと地元高校生!(※「てなむ」というのは、西諸弁で「一緒に」という意味の言葉です)
宮崎県立小林秀峰高校商業科・経営情報科の生徒47人とのワークショップを通して、凝り固まったオトナたちの頭からは到底生まれそうにない自由な発想のCMをつくろうという企画。テーマは「市民や市出身者の応援」。とにかく見た人が元気になるなら、何をモチーフにしてもOK!という自由なルールの中で、とてもユニークなアイデアがたくさん生まれました。 そして、完成作品は、地上波にてオンエアしてしまうという大胆な試みも!
それでは、完成したCMと、高校生たちの約3ヶ月の取り組みをご覧ください!

完成作品「山奥」篇 30秒

小林市のある山奥で道に迷ってしまった青年。ふいにバタリと倒れ込みます。「もうダメだ…」そう思った時に目の前に現れたのは、なんと山の神様!?これ幸いと、正しい道を尋ねるも、山の神様の口から出た言葉は…。まずはとにかく見てください!高校生たちの若いパワーと自由は発想が溢れた楽しい作品に仕上がっています。

12/31(木)AM11:00にMRTの年末特番(15分番組)にて、このCM 制作約3ヶ月の道のりの記録がオンエアされることが決定いたしました!このサイトには掲載しきれなかった、高校生たちや先生、てなんど小林プロジェクトPR動画制作チームの思いを一挙に公開いたします! 乞うご期待です!

8チームで企画バトル!

商業科・経営情報科の生徒を、6人1チームに分け、それぞれの企画を考えてもらいました。
もちろん、てなんど小林プロジェクトPR動画制作チームが、まず最初にCMの考え方をレクチャー。演習では、たくさんのおもしろいアイデアが飛び出しました。モチーフ探し、ストーリー作り、絵コンテ、プレゼンというプロセスを経て、以下の8作品をビデオコンテに。
生徒も全員参加の公正な審査のもと、最も人気のあった1作品を実際の作品として制作するという企画バトルを行いました。

解説役の人々

  • 商業科K先生

  • てなんどY氏

  • てなんどT氏

  • 講師O氏

  • 講師M氏

1班「幼馴染」篇

久しぶりに会った幼馴染が、ちょっぴり都会に染まっていて距離を感じた地元に残った青年。
突然の雨が、二人の時間を巻き戻す、ちょっぴり胸キュンなラブストーリー。

講師O氏

卒業した後あるあるですよね〜(笑)大人な企画だなあ。
ふとした時に思わず出てしまう方言を上手に小道具としてつかっていますね!

てなんどT氏

西諸弁に詳しくない方のために解説しますと【いしちゃ!】というのは、冷たいものがふいに触れた時限定で発する感嘆詞なんです。
近隣エリアでも地域が変わると【いして!】とか【うり!】などと言うことがありますね!

CMプランナー

岩﨑 湧(いわさき ゆう)/小水流 美瑠花(こづる みるか)
酒匂 泰聖(さこう たいせい)/新竹 雄大(しんたけ ゆうだい)
津畑 美幸(つばた みゆき)/脇田 こころ(わきた こころ)

2班「太ったカレシ」篇

いつも太ったカレシを連れている女性。
友人に2人でいるところを目撃されるが、突然別れを切り出す。果たして、その真意は…!?

商業科K先生

これは「誇張」の手法を使ってますね。
講義の内容をキチンと踏まえた、分かりやすい良い企画です。

講師O氏

本当に、お正月とか実家に帰ると、おいしいもの多くて食べ過ぎちゃうんですよね〜(笑)
地鶏の炭火焼もいいけど、トリの刺身が僕は大好きですね!

CMプランナー

海老原 梓(えびはら あずさ)/末永 瑞喜(すえなが みずき)
原 千章(はら ちあき)/前田 楓香(まえだ ふうか)
森田 茉央(もりた まお)/吉薗 優香(よしぞの ゆうか)

3班「インタビュー」篇

小林市に暮らすご長寿のおばあさん。海外メディアも放ってはおきません。
「長寿の秘訣は水がおいしいこと」。でも、あれ?なんかおかしいぞ…。通訳が…!

講師M氏

普通は通訳ひとりいればいいんですけどね〜(笑)
西諸弁から標準語への翻訳にもうひとり必要になってるという。

てなんどY氏

方言のギミックに気をとられがちですが、キチンと水がおいしいことも押さえられています。
小林市のお年寄りは本当に元気な方が多いんですよ!

CMプランナー

内園 麻優(うちぞの まゆ)/川嶋 美穂(かわしま みほ)
小出水 帆風(こいでみず ほのか)/竹山 亜美(たけやま あみ)
谷之木 千穂(たにのき ちほ)/殿所 和総(とのところ かずさ)

4班「山奥」篇

見事CM化を勝ち取った作品。CMになる前の段階って、実はこんな感じでした。
基本的に小林市の人たち(?)は、みんな親切なんです。

商業科K先生

もしも自然物が西諸弁をしゃべったら…?という想像力が光る企画でしたね。
最初はやまびこが西諸弁を返してきたら意思疎通ができなくておもしろそうというアイデアでした!

講師O氏

講師たちとのやり取りの中で進化を遂げて行きましたね。
個人的には、ビデオコンテの時のあっさり感も好きだったりしますけど(笑)

CMプランナー

大迫 弘佳(おおさこ ひろか)/川原 好実(かわはら このみ)
後藤 彬那(ごとう あやな)/古道 早耶香(ふるみち さやか)
前原 唯乃(まえばら ゆいの)/森川 美咲(もりかわ みさき)

5班「百人一首」篇

小林市で開催された百人一首大会。県内外の各地から参加者が出場する中、読み札が読み上げられた。さあ、勝つのは一体誰なのか!?

てなんどT氏

第一弾のPRムービーでも西諸弁をテーマにしていましたが、方言企画はやはり多かったですね。
でも、これはこれで、また違った切り口でおもしろかったです。

講師M氏

言葉の競技の世界に、方言を持ち込んだら?という発想がよかったと思います。
日常的につかっている言葉は、その価値に気付きにくいですからね〜。

CMプランナー

奥松 友梨花(おくまつ ゆりか)/豊永 茂瑛(とよなが しげあき)
古川 勝章(ふるかわ かつあき)/八重尾 静菜(やえお しずな)
渡邉 大芽(わたなべ たいが)/丸田 彩日(まるた あやか)

6班「窓の外」篇

小林市に宿泊した旅行者。深夜床に就いていると、何やら窓の外から強烈な光が・・・。
窓を開けてみるとそこには・・・!?

講師O氏

この企画も、講義の内容を反映した分かりやすいアイデアだったと思います!
「比較」の手法を効果的に使っています。

てなんどY氏

市外からやってきた旅行者の話なのですが、CMのお手本のような構成でしたね。◯◯と思ったら、違う方だった…。というコントでもよくあるやり方ですよね。「UFO<星」というタイトルの出し方まで考えていたのには驚きました。

CMプランナー

入佐 香澄(いりさ かすみ)/岡原 美桜(おかはら みお)
小糸 星奈(こいと せいな)/兒玉 杏華(こだま きょうか)
坂下 菜茄(さかした なな)/俣野 優菜(またの ゆうな)

7班「決闘」篇

対峙する2人の剣士。
ジリジリと間合いを取るが、なんと彼らが手に持っていたのは刀ではなく...!?

講師M氏

一番尖っていたのは、この班ですね。最初は「水味」という新しい味覚が発見された...という設定で考えていたのですが、結構直前で路線変更してきました。

てなんどT氏

水で闘うなんて、いかがなものかという意見はありそうですが、「死ぬほどうまい」ってことならまあいっか!という感じで最終的にはGOに。高校生らしいぶっ飛んだ企画でとてもよかったと思います!

CMプランナー

有尾 瑞基(ありお みずき)/上瀧 実奈(こうたき みな)
野添 健太朗(のぞえ けんたろう)/橋満 夏鈴(はしみつ かりん)
宮本 晶平(みやもと しょうへい)

8班「ハンドボール」篇

都会の高校と試合することとなった小林秀峰高校ハンドボール部。こっそり作戦を耳打ちするが、敵チームにその内容を悟られてしまう。あっさり点を奪われるかと思いきや・・・!?

てなんどY氏

方言って、機能的には制約を受けることの方が多い気がするんですが、この企画では、それがハッピーを引き起こすというストーリーになっています。

商業科K先生

コンテでは結構複雑かと思ったんですが、ビデオコンテにしてみたら、意外とうまくいった例ですね。
話のキモになる|ワードをよく見つけられたと感心しました。

CMプランナー

金丸 美雛(かねまる みな)/川野 未沙都(かわの みさと)
北ノ薗 未沙希(きたのその みさき)/寺坂 春菜(てらさか はるな)
松下 里穂(まつした りほ)/下ノ園 春香(しものその はるか)

オリエン

Step1.オリエン 〜CMのつくり方講座〜

小林市をPRするにあたって、まずはCMづくりのレクチャーから メッセージを届けるってどんなことなのか?など基本的な広告についての解説があり、その後さっそく演習へ。

講師たちの作品や、過去の有名なCM事例を実際に見ながら、CMの基本的な構造、「誇張」「比喩」「擬人化」など、アイデアのパターンを学びました。演習の例題では、とてもユニークなアイデアがいくつも飛び出し、先生たちも驚きを隠せない様子でした。さてさて、どうなることやら…。

ネタ・モチーフ探し

Step2.ネタ・モチーフ探し 〜市の魅力って?〜

普段はなかなか気付かないけど、他の市町村に負けないような魅力が、小林市にもきっとあるはず。まずはCM企画のタネとなるモチーフを探していきます。

例えば、第一弾のPRムービーでは西諸弁という方言にフォーカスしましたが、果たして生徒たちは何に着目するのか?「水」「星」「空気」「人柄」…。みんなで話し合いながら探していきます。隣の家とマヨネーズを貸し借りできるくらい仲が良いなど、都会ではおよそ考えられないような人々の関係をはじめ、たくさんの発見がありました。

コンテ化

Step3.コンテ化 〜ストーリーを考える〜

各班、これだ!と思うモチーフを元に、人々の記憶に残るようなストーリーに落とし込んでいきます。とは言っても初めての取り組みなので、みんな四苦八苦。

すんなりまとまる班もあれば、かなり考え込んでしまう班などさまざま。なんとなく想像しているものはあるのに、それを文章や絵に起こすとなるとかなり難しいものです。
それでも、ちょっとずつちょっとずつ。
やがて、アイデアが芽を出し始めました。

中間企画プレゼン

Step4.中間企画プレゼン 〜選ぶ・捨てる・説得する〜

いくつかのアイデアに絞った後、てなんど小林プロジェクトのPR動画制作チームのメンバーに企画をプレゼンします。自分たちのアイデアを俯瞰してみるのは、考えることとは別の難しさがあるけれど、結構大事なことです。 てなんどチームからのアドバイスもあり、アイデアはだんだんと形になっていきます。

企画を最終的にひとつに絞ったり、そのアイデアによって何を伝えるかを考える。難しいけど、それこそがものづくり。
大人たちも、勉強になると唸っていました。

ビデオコンテプレゼン

Step5.ビデオコンテプレゼン

各班のアイデアを、ビデオコンテ(てなんど小林プロジェクトのPR動画制作チームが制作)にしてプレゼンテーションを行いました。
コンテでは見えてこなかったイメージが、かなり明確になって、生徒たちも大興奮!

演出はどうするのか?このCMを通して世の中の人がどう感じるのか?を想像しながら、自分たちの思いをぶつける班も。

これで、実際にCMになるアイデアが決まります。

撮影〜編集

Step6.撮影〜編集

見事CM化の権利を勝ち取ったのは、4班の「山奥」篇。
ロケ地は、極寒の12月のひなもり岳。天候はいい感じに曇ってくれました。初めて見る役者さんに歓声を上げる生徒たち。
現場では、寒さにも負けず、機材の運搬や、スタンドイン(タレントさんの代わりにカメラ前に立つこと)、カチンコ、フォグマシーンの操作、モニタチェックなど現場でのさまざまな仕事を体験しました。 その場で生まれる突拍子もないアイデアに、笑いが起こる場面も。
最後は、生徒、キャスト、スタッフみんなで記念撮影をしました。

ワークシップを振り返って

はじめは戸惑っていた生徒たちも、企画が形になっていくにつれ、前のめりになって取り組んでいました。
学校の授業と違って、コミュニケーションには一般的なセオリーはあれど、答えはありません。でも、それは今回のような地域活性化以外でも、人生においてきっといろんな場面で必要になってくるはず。
地元にいながらにしてその魅力を掘り起こしたり、いろいろなアイデアやストーリーを必死で考えたり、たくさん出た案をひとつに絞ったり、プレゼンして選ばれたり選ばれなかったり…。普段は経験しないことばかりで大変だったと思いますが、それらがこれからのみんなの人生において、何かの役に立ってくれたらいいなと、てなんど小林プロジェクトPR動画制作チームは心から思っています。 つくったCMは、1タイプだったけれど、今回のこの取り組み全体が、きっと市民や市出身者のみんなを笑顔にしていくはず。
そして、何より子供たちの真剣さや可能性に大人たちが驚かされ、心動かされたことも大変大きな収穫だったように思います。